ボルボ v40 クロスカントリー 狭い 4

ライバル車を見てみると、ベンツGLAクラスは自動ブレーキシステムや車線逸脱警報システムなどはオプション扱いになっています。その点世界最高水準の安全装備が標準装備になっている、V40クロスカントリーはポイントが高いです。, V40 クロスカントリーは、1.5Lガソリン・2.0Lディーゼル・2.0Lガソリンの3モデル4グレードから構成されており、価格帯は339万円~419万円になっています。 ジープ・レネゲードは、日本では2015年9月に発売が開始された新型車です。全長は4,260mmとジープ史上最もコンパクトなSUVとなっています。プラットフォームは、フィアット500Xと同様にスモールワ ... ディスカバリーは日本では2009年12月に発売が開始され、現行モデルで4代目になります。 ラインナップは3.0LV6スーパーチャージャー搭載モデルのみで、駆動方式は4WDになります。ランドローバーでは ... 新型X3は2011年3月に日本で発売が開始され、現行モデルで2代目になります。 ラインアップはガソリン仕様の2.0L直列4気筒ターボを搭載したxDrive20i・xDrive28i・3.0L直列6気筒 ... 「ディスカバリースポーツ」は、2014年10月に日本で発売が開始されました。 フリーランダー2の後継車種にあたる新型車で、ランドローバー社が発売するSUVでは最もコンパクトなサイズになります。 ライン ... GLCは2016年2月に発売が開始され、既存のGLAとGLEの間に位置する新型車です。前任モデルのGLKには右ハンドル仕様が生産されなかったため日本ではあまり売れませんでしたが、GLCは全て右ハンドル ... Copyright© くるまいくSUV , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5. ライバル車と比較すると、積載容量の少ない部類のベンツGLAクラスでも通常420L・最大1,235Lあります。コンパクトカー並みの容量しかなく、大きな荷物を積む機会の多い人には向かないかもしれません。, V40クロスカントリーは前席はそこまで狭くは感じませんが、後席は足元・頭上のスペースが共に窮屈に感じます。大人の男性が座ると、足を伸ばすことが出来ないし、視界にルーフが入ってくるので圧迫感があります。  一方の「ボルボ・V40クロスカントリー」もベースはハッチバックの「V40」だ。最低地上高は145mmとわずか10mmのアップに留まるが、ボディ下部を覆う架装によってアクティブな印象を際立たせ、4WDの設定もある。エンジンは1.5L直4ターボ、2.0L直4ディーゼルターボ、2.0L直4ターボを用意する。安全装備のインテリセーフには、自動車と歩行者に加えてサイクリストも検知する自動ブレーキをはじめ、歩行者エアバッグなどが全車に標準装備される。 JC08モード燃費:14.8km/ℓ 最小回転半径:5.4m 最高出力:154ps(113kW)/6000rpm 一方の「ボルボ・V40クロスカントリー」もベースはハッチバックの「V40」だ。最低地上高は145mmとわずか10mmのアップに留まるが、ボディ下部を覆う架装によってアクティブな印象を際立たせ、4WDの設定もある。エンジンは1.5L直4ターボ、2.0L直4ディーゼルターボ、2.0L直4 【交通... ホンダ、欧州向け2021年モデル7機種を発表|新型のPCX、CB125R、CB1000R等は国内でも発売. エンジン:直列4気筒DOHCターボ 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。, 1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る, 新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針, 新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。, よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。, 知識豊富なコンシェルジュがメリットある情報や資産価値の高い車種を提案しお近くのカーディーラーと連携しスムーズに車購入をサポートします。, しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。もし、投稿したコメントを削除したい場合は、該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、通報よりその旨をお伝えください。, ボルボの最新ディーゼルを乗り比べ! ボルボ V40クロスカントリー/V60 D4 試乗レポート, 【MOTA×MINI SPECIAL BRAND PAGE】MINIの個性をさまざまなキーワードから紐解いていく。, MINIの基本「3ドア」を代表する グレード「COOPERとCOOPER S」を山田弘樹さんがチェック!, MINIファミリーで唯一のオープンモデル、コンバーチブル。1台でオープンとクローズの両方を楽しめる個性的なモデルを飯田裕子さんがレポート, インターネット常時接続の新型サイバーナビを使って海辺でウェブ会議してみた|パイオニア サイバーナビ, いつものスマホアプリをキレイな大画面で使えるディスプレイオーディオでドライブしてみた|パイオニア・カロッツェリア, 一面オーシャンビューの貸別荘で、心ゆくまで団らんを!【大阪/関空オーシャンフロント】. 最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1500-4800rpm 全長×全幅×全高:4465×1800×1595mm また縦列駐車やステアリング操作をサポートしてくれるパーク・アシスト・パイロットがオプションで設定されています。基本的にドライバーは、システムの指示通りにアクセルとブレーキの操作をするだけで、後は車が自動で操作してくれます。縦列駐車や狭い駐車場ではとても重宝する機能となっており、駐車な苦手な人でも安全に駐車が可能です。, V40クロスカントリーのラゲッジルームは、奥行き780mm×幅950mm×650mmで通常時の容量は335L・リアシートを倒すと奥行きが1,560Lまで拡大し、最大で1,030Lになります。一応床下収納は備わっていますが、深さがないので三角板などの薄いものしか入らず実用的とは言えません。 ボルボの最新ディーゼルを乗り比べ! ボルボ v40クロスカントリー/v60 d4 試乗レポート(4/5) 筆者: 渡辺 陽一郎 カメラマン: 阿部昌也 縦列駐車や狭い駐車場ではとても重宝する機能となっており、駐車な苦手な人でも安全に駐車が可能です。 V40クロスカントリーを中古車検索. 全長×全幅×全高:4370×1800×1470mm 車重:1440kg 最大トルク:196Nm(20.0kgm)/4000rpm エンジン:水平対向4気筒DOHC その分室内の広さとラゲッジルームの容量はやや犠牲になっている感じはありますが、日本の狭い道路では、このくらいのサイズの方が運転しやすくて良いかもしれません。, V40クロスカントリーは、D4モデルに2.0L直列4気筒ディーゼルターボを搭載しています。ブレーキエネルギー回生システムやアイドリングストップシステムなどの搭載により、JC08モード燃費で21.2㎞/Lの低燃費を実現しています。(T3は16.5km/L・T5は14.8km/L) 最小回転半径:5.4m ライバル車と比較すると、ベンツGLAクラスが16.0㎞/L・ゴルフオールトラックが14.9㎞/Lと大きく上回っており、トップクラスの燃費水準となっています。, V40クロスカントリーは、ミリ波・カメラ・赤外線を組み合わせたインテリセーフを全グレードに標準装備しています。歩行者・自転車を検知する機能の付いた自動ブレーキシステムなどを含む10種類もの安全装備を備えており、特に安全性の高い車種となっています。 ライバル車を見てみると、ベンツGLAクラス351万円~523万円になっており、V40クロスカントリーの方がリーズナブルな価格設定です。燃費・安全装備などを見ても共に上回っており、お得感があります。, V40クロスカントリーには、リア・フロントビューカメラが備わっており、狭い路地を走行する際などに重宝します。 トランスミッション:CVT JC08モード燃費:16.0km/ℓ Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト, SUVの人気が高まるにつれて各社から様々なモデルが相次いで販売されているが、実用性と安全性のブランドイメージが強いのがスバルとボルボだ。そこで、両社のSUVのなかでも最もリーズナブルな「スバル・XV」と「ボルボ・V40クロスカントリー」を比較してみるとしよう。, 「スバル・XV」の初代モデルが登場したのは2010年。「インプレッサXV」と名乗っていたことから分かるとおり、ベースは「インプレッサ」だ。3代目となる現行型も「インプレッサ」と同じく最新プラットフォーム(スバル・グローバル・プラットフォーム)を採用するほか、EyeSight(ver.3)や歩行者保護エアバッグなども備わる。パワートレーンは1.6Lもしくは2.0Lの水平対向4気筒を搭載。駆動方式は4WDで、スイッチひとつで悪路走破性を高める制御へ切り替わる「X-MODE」がグレードによって備わる。 ホイールベース:2645mm 左右方向の余裕は、全幅が45mmワイドなV60が勝るが、後席の足元空間にはあまり差が付かない。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は両社ともに握りコブシ1つ半程度。ボディの大きさを考えると後席は少し狭い。なぜか。, 特にV60は後席の位置を前寄りにしているから、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)はV40よりも130mm長いのに、後席の足元スペースにはあまり差が生じなかった。だからボルボのV40クロスカントリーやV60を購入する時は、後席の居住性に注意したい。, またサイドウインドーの下端を後ろへ持ち上げたボディスタイルのために、斜め後方の視界も良くない。縦列駐車や車庫入れなどを試しておくと安心だ。, ただし安全に最善を尽くすボルボらしく、リアバンパー左右に備わるミリ波レーダーを用いて、走行時に死角となりやすい斜め後方からの車両接近を知らせるBLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)や、駐車場からバックで出る時に接近車両などの動きを知らせる「CTA(クロス・トラフィック・アラート)」など、ドライバーをサポートする10以上の先進安全機能「インテリセーフ10(テン)」が全車に標準装備されている点は素晴らしい。, 車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 日本最古の自動車雑誌『モーターファン』のスピリットを受け継ぐ自動車総合情報サイト。クルマ、バイク、モータースポーツ、テクノロジー、デザイン、カスタム、マーケット情報などさまざまな角度から自動車を掘... 基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。, スバルXVとボルボV40クロスカントリー。クロスオーバーとしての評価は?|ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?. 駆動方式:4WD この強引なおまわりさんは実在する!? トランスミッション:8速AT  まずは、全体のサイズ比較から。, XV 2.0i-S アイサイト 最高出力:245ps(180kW)/5500rpm ジープ「レネゲード」価格297万~、燃費15.5km/L|コンパクトSUV、フィアット500Xの兄弟車. 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!, MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。, もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 車両本体価格:267万8400円, V40クロスカントリー T5 AWD モメンタム その名は「STARC」!次世代の日産e-POWERは3気筒ターボ1.5ℓロングストローク。最大熱効率50... 【美しすぎるクルマ・ベスト3(世良耕太)】日本人がデザインした最新ポルシェ911。その後... 緊急時でもないのに高速道路で堂々とUターン! V40クロスカントリーは、日本では2013年5月に発売された新型車で、V40の派生車種になります。, V40をベースにして車高を30mm上げるなどクロスSUVに仕上げています。ラインナップは、1.5LガソリンのT3・2.0LディーゼルのD4、2.0LガソリンのT5の3モデル4グレードから構成され、価格帯は価格帯は339万円~419万円になっています。, 燃費面では、ディーゼルグレードがブレーキエネルギー回生システムやアイドリングストップシステムなどの搭載により、JC08モード燃費で21.2㎞/Lの低燃費を実現しています。(T3は16.5km/L・T5は14.8km/L), 安全面では、ミリ波・カメラ・赤外線を組み合わせたインテリセーフを全グレードで標準装備するなど、安全性は特に高くなっています。, V40クロスカントリーは、全長4,370㎜×全幅1,800㎜×全高1,470㎜と、高さ・幅を抑えたモデルになっています。一般的な機械式立体駐車場(全高1,550mm・全幅1,850㎜程度)の条件をクリアしており、都会でも駐車場に困りません。最小回転半径も5.4mと小回りが効くので、狭い路地でも楽勝です。 車両本体価格:429万円. 車重:1580kg 駆動方式:4WD いつものスマホアプリをキレイな大画面で使えるディスプレイオーディオでドライブして... ホイールの汚れやブレーキ鳴きに悩むVW(フォルクスワーゲン)オーナーにオススメの... 夏の暑さと日焼け対策の考え方を根本から変えるUVカット100%ウインドウフィルム... 海に山にキャンプに! あらゆるアウトドアに使えるデリカD:5ベースのキャンピング... 3ナンバーで5人乗り。日常使いもできるハイエースベースのキャンピングカー「リトリ... オトナの足元を演出するボルクレーシングGシリーズの2020限定モデルから目が話せ... カーセキュリティの正しい知識を身に着けて愛車を盗難から守ろう|ミラージュ【Vol... ビジネスに必要な機能をすべて詰め込んだハイエース「モバイルオフィスカー」はテレワ... ワイルド&都会的なUSストリートテイストのホイールで4WDを力強くカスタム!|M... クルマアソビの可能性を無限に広げてくれる軽量で錆びないルーフラック「A-X(エー... 傷ついたエンジンの内壁を再生してくれるオイル添加剤「スーパーゾイルエコ」はファミ... インターネット常時接続の新型サイバーナビを使って海辺でウェブ会議してみた|パイオ... ライズ/ロッキーに心地いい走りを実現する2種類の車検対応マフラーをラインアップ|... 扱いやすくて快適! ハイエース標準ボディがベースの8ナンバー登録キャンピングカー... 軽自動車からスーパーカーまで、大切な財産である愛車を車両盗難から守るためには|ミ... 普段使いからキャンプまで多目的に活躍する乗用登録のハイエース「アクロスワゴン」|... ブレーキダストによるホイールの汚れや効き具合に不満のあるアウディオーナーには「K... ハイゼット・カーゴとハイゼット・デッキバンをアゲ系カスタムで楽しむコンプリートカ... ハイエースを車両盗難から守るセキュリティシステム|ブレーキロックジャパン【Vol... 伝説のブランド「ロディオドライブ」が1ピースホイールで復活|スーパースター【Vo... 軽バンキャンピングカー4選! 拡張で超広くなるN-VANや本格キャンパー仕様のエブリィなど, “軽”なのに、大人3人で車中泊!? 装備充実の本格キャンパー「Spinach(スピナ)」, 【2020年最新版】軽自動車最新人気ランキングTOP30|人気の軽自動車を徹底比較, 光岡初のSUV「バディ(Buddy)」は超お洒落な80’sアメリカンSUVだった!, 無骨レトロで超オシャレな新型ジムニーカスタム! オートメッセでも大好評だった「CL20-1型」とは, マイカーでの旅行もGoToの対象に! 各高速道路会社がGoToトラベルキャンペーン開始, 【2020年版】ファミリーカー人気おすすめランキングTOP20|おしゃれSUVから外車まで一挙紹介!. また横幅が1,800mmと広くないので、5人乗りとして使うにはちょっと狭いです。リアシートの中央部にはアームレストやカップホルダーが格納されており、4人乗りとして使う分には至って快適な空間になっています。. ホイールベース:2670mm

まんぷく や 限定ラーメン, エクセル 別シート 反映, もしかして さんですか 英語, 万里 誕生日 アイナナ, 埼玉県 学 総 陸上 2020, 吉見一起 パワプロ 全盛期, ウクレレ ソロ ジブリ, 外国人 英語 教師 給料, 中学 社会 学習 範囲, 高田 馬場 ビールかけ, Geforce 動画編集 おすすめ, アルトワークス クラッチ交換 費用, 株 格言 月, アメリカ ホリデーシーズン 2020, Fx 欧州時間 特徴, バイク リヤ スプリング交換, ハイエース 10人乗り 5ナンバー, 会津 田島 駅 から浅草 駅 時刻表, 京葉線 時刻表 海浜幕張, 日本語 時制 あいまい, エポス カード 異動, 未来予想図2 歌詞 意味, ライオン キャンペーン 1億円, 女 車 旅,

Leave a Reply