戦国時代 兵力 誇張 4

A.面積では、豊臣大坂城と変わらない規模であった。  (1)秀吉の小田原攻め(両軍合わせ25万) 江戸時代の百姓に比べ、戦国時代の百姓は武装していて武力もありましたし、 実質は9割程度かも そのため、義弘はこの時、参勤で上京していた甥の島津豊久らと合流し、豊久が国許に要請した軍勢などを指揮下に組み入れた[5]。, 慶長5年(1600年)、徳川家康が上杉景勝を討つために軍を起こすと(会津征伐)、義弘は家康から援軍要請を受けて1,000の軍勢を率い、家康の家臣である鳥居元忠が籠城する伏見城の援軍に馳せ参じた。しかし元忠が家康から義弘に援軍要請したことを聞いていないとして入城を拒否したため、西軍総勢4万人の中で孤立した義弘は当初の意志を翻して西軍への参戦を決意した(『島津家代々軍記』)。, しかしながら、家康が上杉征伐のために出陣し、上杉征伐を行おうとしていた慶長5年(1600年)の7月15日に、義弘は上杉景勝に対して「毛利輝元・宇喜多秀家・前田玄以・増田長盛・長束正家・小西行長・大谷吉継・石田三成らが「秀頼様御為」であるので上杉景勝に味方する。そして、それに私も加わる。仔細は石田三成より連絡があると存します」という書状を送っており、この頃には、すでに西軍の首謀者の一人として、毛利・石田らと共に、反家康の動きに参加していた[8][9]。, 伏見城攻めで奮戦し、討ち死・負傷者を出した後、濃州垂井の陣所まで進出した義弘が率いていた兵数は、1000人ほどであった。そして、この時に、義弘が国許の家老の本田正親に宛てた書状で援軍を求めた結果、新納旅庵・伊勢貞成・相良長泰・大田吉兵衛・後醍院喜兵衛・長寿院盛淳らを始めとした譜代衆と有志・志願者の390人ほどの兵が国許から上京し、合流した[5]。, 石田三成ら西軍首脳は、わずかな手勢であったことからか義弘の存在を軽視。美濃墨俣での撤退において前線に展開していた島津隊を見捨てたり、9月14日(10月20日)の作戦会議で義弘が主張した夜襲策[注釈 5]が採用されなかったりするなど、義弘が戦意を失うようなことが続いたと言われているが、これは後世に書かれた『落穂集』という二次的な編纂物にしか記載されておらず、また島津方の史料にも夜討ちに関する記事がほとんど見えないことから、この逸話は史実だと断じることはできない[10]。関ケ原直前には、黒田長政も義弘に調略の書状を送っている。その内容は婚姻関係を結ぶなど家康の計略と同じであった。, 9月15日(10月21日)の関ヶ原の戦いでは、参陣こそしたものの、戦場で兵を動かそうとはしなかった(一説にはこの時の島津隊は3,000余で、松平・井伊隊と交戦していたとする説もある)。三成の家臣・八十島助左衛門が三成の使者として義弘に援軍を要請したが、「陪臣の八十島が下馬せず救援を依頼した」ため、義弘や甥の島津豊久は無礼であると激怒して追い返し、もはや完全に戦う気を失ったともされている。, 関ヶ原の戦いが始まってから数時間、東軍と西軍の間で一進一退の攻防が続いた。しかし14時頃、小早川秀秋の寝返りにより、それまで西軍の中で奮戦していた石田三成隊や小西行長隊、宇喜多秀家隊らが総崩れとなり敗走を始めた。その結果、この時点で300人(1,000人という説もあり)まで減っていた島津隊は退路を遮断され敵中に孤立することになってしまった。この時、義弘は覚悟を決めて切腹しようとしていたが、豊久の説得を受けて翻意し、敗走する宇喜多隊や小西隊の残兵が島津隊内に入り込もうとするのを銃口を向けて追い払い自軍の秩序を守る一方で、正面の伊勢街道からの撤退を目指して前方の敵の大軍の中を突破することを決意する。島津軍は先陣を豊久、右備を山田有栄、本陣を義弘という陣立で突撃を開始した。その際、旗指物、合印などを捨てて決死の覚悟を決意した。, 島津隊は東軍の前衛部隊である福島正則隊を突破する。このとき正則は死兵と化した島津軍に逆らう愚を悟って無理な追走を家臣に禁じたが、福島正之は追撃して豊久と激戦を繰り広げた。その後、島津軍は家康の本陣に迫ったところで転進、伊勢街道をひたすら南下した。この撤退劇に対して井伊直政、本多忠勝、松平忠吉らが追撃したが、追撃隊の大将だった直政は重傷を負い忠吉も負傷した[注釈 6]。 のように教えていただけると助かります。 「遊戯としての面白さを追求するためのルールだから」 A.冬の陣では、徳川方惣構を突破できなかった。 軍隊がまるで一つの生き物のように、焦ったり士気が上がったり下がったりするのがよくわかりません。一心同体となっているのでしょうか。私が一兵卒だったら、働いてるフリしていかに生き残るかばかり考えると思います。 ・富士川の合戦(両軍合わせて7万、吾妻鏡は20万) C.東側は低湿地、北側は淀川で、敵に攻められにくかった。 ソ連24% あつめたでしょうから、合計30万人というのは 江戸初期:65万 河越城の戦い(かわごえじょうのたたかい)は、戦国時代に、武蔵国の枢要な城であった河越城の争奪を巡って、河越城周辺で争われた一連の戦いをいう。, 北条早雲の嫡男、後北条氏の2代目当主北条氏綱は武蔵国征服のため、武蔵国を支配していた上杉氏の居城・河越城に侵攻、1524年(大永4年)から4度にわたる争奪戦が展開された。, 「河越城の戦い」で特に有名なのが、関東の政局を決定した大きな戦いとなった5度目の天文15年(1546年)の戦いで、日本三大奇襲(日本三大夜戦)の一つ「河越夜戦」(かわごえよいくさ)である。本稿では河越夜戦について詳述する。, 河越夜戦は、北条氏康軍と上杉憲政・上杉朝定・足利晴氏の3者連合軍が武蔵国の河越城(現在の埼玉県川越市)の付近で戦闘し、北条軍が勝利を収めた戦いである。, 室町時代後期から、関東地方の覇権を巡り、古河公方と関東管領が対立し(享徳の乱)、さらに関東管領の上杉氏の内部において関東管領を世襲する本家筋の山内上杉家と相模、武蔵を地盤に力をつけた庶家の一つ扇谷上杉家とが対立(長享の乱)してきた。その間隙を縫い、扇谷上杉家領であった相模において北条早雲が台頭、扇谷方の大森氏、三浦氏を滅亡させるなど勢力を広げた。早雲の子の北条氏綱は、永正の乱で古河公方、関東管領双方が内紛で混乱する中、武蔵に進出し、江戸城、次いで天文6年に武蔵の枢要の地であり扇谷上杉家の当主上杉朝定の居城・河越城を落とし、扇谷上杉家を滅亡寸前まで追いつめていた。, しかし、氏綱が没し、跡を継いだ嫡男北条氏康は継承早々に一大危機を迎える。天文14年(1545年)7月下旬、今川義元が関東管領の上杉憲政と内通して背後から挙兵、駿河の北条領に侵攻する。氏康は駿河に出陣するものの武田氏までもが出陣してきたために状況は不利であり、更に在陣中に両上杉の大軍によって河越城が包囲されたという状況が知らされた。そのため10月下旬に武田晴信(信玄)の斡旋で義元に譲歩することで屈辱的ながらも和睦を成し遂げた(第二次河東一乱)。11月初旬には誓紙を交換した後に条件が履行され、氏康は挟撃されている絶体絶命の危機の中で西方を収め、関東方面へ転戦できる状況を得た。, 関東方面では氏康の妹婿であった古河公方の足利晴氏は、関東管領(山内上杉家)に支援され、路線を変更して兵を動員、山内上杉家と扇谷上杉家の両上杉家も和睦し、三氏は同盟を締結して武蔵を確保するため共通の敵・北条氏への総反撃を決定、一部の北条方の武士を除く関東の武士すべてに号令をかけ、上杉憲政、上杉朝定、足利晴氏それぞれが自ら自軍を率いて、北条氏の拠点・河越城の奪還を開始した。, この戦いの模様を伝える当時の史料は少なく、以下は主に後世成立の史料や軍伝・軍記による。, 天文14年9月26日(1545年10月31日)、関東管領の山内上杉家(上杉憲政)、扇谷上杉家(上杉朝定)、古河公方の足利晴氏、その他関東諸大名連合軍は約80,000の大軍をもって北条氏の河越城を包囲した。一説によれば関東の全ての大名家が包囲軍に参加して、加わらなかったのは下総の千葉利胤のみだったともいわれている。山内憲政は城の南に陣を張り、扇谷朝定は城の北、など三方を包囲した。河越城は氏康の義弟・北条綱成が約3,000の兵力で守備していたが、増援がなければ落城は時間の問題であったため、今川との戦いを収めた氏康は本国から約8,000の兵を率いて救援に向かった。またこの間太田資顕(全鑑)の調略に成功し、河越城へのルートを確保している。食糧を十分に蓄え籠城した綱成は半年も耐え抜き、戦況は数ヵ月間膠着状態であった。この間、長陣に飽きて上杉方の戦意は低下し、軍律は弛緩していた。氏康の救援軍にいた福島勝広(北条綱成の弟)が使者を申し出て、単騎で上杉連合軍の重囲を抜けて河越城に入城、兄の綱成に奇襲の計画を伝えた。, 氏康は連合軍に対して偽りの降伏を申し出て詫び状を出し続ける。まず、足利晴氏に対して、諏訪左馬助に依頼し、「城兵を助命してくれれば城は明け渡す」と申し入れ、上杉方には常陸の小田政治の家臣である菅谷貞次に依頼し、「綱成を助命してくれるならば開城し、今までの争いについても和議の上、我らは公方家に仕える」と申し入れた。だが上杉軍は受け入れず、逆に北条軍を攻撃したが、氏康は戦わずに兵を府中まで引いた。これにより上杉連合軍は北条軍の戦意は低いと判断し、およそ10倍近い兵力差もあって楽勝気分が漂う。, 天文15年4月20日(1546年5月19日)の夜、氏康は自軍8,000を四隊に分け、そのうち一隊を多目元忠に指揮させ、戦闘終了まで動かないように命じた。そして氏康自身は残り三隊を率いて敵陣へ向かう。子の刻、氏康は兵士たちに鎧兜を脱がせて身軽にさせ、山内・扇谷の両上杉勢の陣へ突入した。予期しない敵襲を受けた上杉勢は大混乱に陥り、扇谷上杉軍では当主の上杉朝定、難波田憲重が討死、山内上杉方では上杉憲政はなんとか戦場を脱出し上州平井に敗走したが、重鎮の本間江州、倉賀野行政が退却戦で討死した。氏康はなおも上杉勢を追い散らし敵陣深くに切り込むが、戦況を後方より見守っていた多目元忠は危険を察し、法螺貝を吹かせて氏康軍を引き上げさせた。城内で待機していた「地黄八幡」綱成はこの機を捉えて打って出ると、足利晴氏の陣に「勝った、勝った」と叫びながら突入した。既に浮き足立っていた足利勢も綱成軍の猛攻の前に散々に討ち破られて本拠地の古河へ遁走した。一連の戦闘による連合軍の死傷者は13,000人から16,000人と伝えられている。, この戦いの結果、当主を失った扇谷上杉家は滅亡、本拠平井城へ敗走した関東管領の山内上杉家も戦いを契機にこの後急速に勢力を失った。上杉憲政は劣勢挽回を意図して信濃の村上義清らと上信同盟を結び、後北条氏の攻勢に対抗することを目論んだ。しかし、村上氏らとの同盟を結んだことによって信濃侵攻を目指す武田晴信(信玄)との対決を余儀なくされ、小田井原の戦いにおいて再び多数の将兵を失った。このような状況下、憲政を見限って後北条方に帰順する配下が相次ぎ、憲政は居城の平井城を追われて長尾景虎(のちの上杉謙信)を頼り越後へ落ち延びることになる。, 同じく敗走した古河公方の足利晴氏もこの直後に御所を包囲され降伏、隠居した。その際、長男であった藤氏ではなく、北条氏出身の母をもつ次男の義氏に家督を譲らざるをえなくなり、自身は幽閉を余儀なくされた。, 一方、北条家は関東南西部で勢力圏を拡大し、戦国大名としての地位を固めることになる。甲相駿三国同盟の締結により駿河今川家や甲斐武田家との対立に終止符を打つと、関東制覇を目指し越後の上杉家(長尾氏)や常陸の佐竹家、安房の里見氏との抗争に突入する。, この戦いによって、関東公方たる足利家と、その執事である関東管領の権威と軍事力は決定的に失墜し、代わりに後北条氏をはじめとする戦国大名が躍進した。このことは、関東・東国において室町時代の枠組みが消滅したことを意味している。それと共に後北条氏の関東での権力をたしかにした戦にもなった, 河越城の戦いは、約10倍の兵力差を覆しての勝利として、戦史上高く評価されているものの、不明な点も多く更なる研究が待たれる合戦である。, 上杉・足利連合軍の動員数や、夜戦であったのかについては不明な点があるが、連合軍側が北条軍より数的優位であったことと、大規模戦闘があったことについては史料や検証で確認されている(『高白斎記』天文十五年条、足利晴氏「毛呂氏宛書状」、北条氏康「古河公方宛書状」・「上原出羽守(太田資顕重臣)宛書状」[1])。, また、戦闘の経過については、のちにではあるが氏康が「両口において同時に切り勝ち」を書き残していることから、篭城側と後詰め側で何らかの連携があったとされる[2]。, 河越夜戦の激戦地と伝えられる東明寺(川越市志多町)の境内には、河越夜戦跡の碑が建てられ、将兵の遺骸を納めた富士塚が残る。宝暦年間に掘ったところ髑髏が500体ばかり出たという。塚の上には稲荷諏訪天満宮がある。これは難波田憲重が河越夜戦で東明寺口の古井戸に落ちて死んだため、霊を祀ったものである。当時、東明寺は広大な寺領があり、その門前町は鎌倉時代より賑わった。そこが戦場になったことから、古くは「東明寺口合戦」とも言われた。明治期の道路工事でも一帯からは夥しい人骨が出ている。もっとも、こうした人骨を河越夜戦の犠牲者とするのは夜戦の実在を前提とした話であり、後述する「河越夜戦において大規模合戦はなかった」と主張する研究者の側からは、中世河越の外れにあった東明寺周辺に鎌倉の由比ヶ浜や静岡県の一の谷墳墓群遺跡のような大規模な墳墓群が形成されていたと考えるのが自然である(すなわち、これらの人骨は河越夜戦の犠牲者のものではない)とする反論がある[3]。, 河越城の戦いは大規模な籠城戦のなか、ゲリラ的な襲撃はあったものの、白兵戦のような大規模な衝突は存在しなかったとする説が、黒田基樹など一部の研究者から提唱されている。その根拠として、後北条氏側においてこの合戦に関する感状が存在しないこと、上杉朝定が死亡したする記録はあるものの、誰が討ち取ったかなどその死の状況を示す記録はなく陣地における病死の可能性も否定できないこと、北条氏康の書状でも山内上杉氏の陣地があった河越郊外の砂窪(川越市砂久保)で3000名を討ち取ったことやこの戦いを仕掛けたとされる難波田弾正(憲重)を討ち取ったことは記されているものの、城そのものの攻防戦については触れられていないことが挙げられている。また、川越市立博物館所蔵の「伝行寺過去帳」の天文15年4月15日欄外に「河越一戦討死弐千八百廿余人」とあり、3000名規模の犠牲者が出ている点は史料的に一致している一方で、通説よりははるかに少ない。この説によれば、河越城の北条軍が上杉軍に包囲されて籠城戦に入ったことは事実であるが、上杉朝定の急死で包囲軍が崩壊したのが実情で、大規模な夜戦の描写は『北条五代記』『関八州古戦録』など後世の軍記物による創作に過ぎないとする。[3], 城郭研究会(代表:黒嶋敏)「中世の河越城-その成立と景観-」(初出:『史友』31号(青山学院大学史学会、1999年)/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第五巻 扇谷上杉氏』(戒光祥出版、2012年), https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/899828/045, https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/899828/123, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=河越城の戦い&oldid=77735907. 中途半端な作品はありますけど。。。 北条氏と上杉氏が戦い、北条氏が勝利したのは周知のとおりですが、両軍の兵数などは伝わっていないのでしょうか?また、なぜ北条氏が勝利したのでしょうか?勝因を教えていただけると嬉しいです。例えば、当初から北条が兵力で勝っていたとか… 答えはBだと思うのですが、合っていますでしょうか。 E.信長はこの城の完成により、初めて上洛することができた。 イギリス19% 江戸始め総動員数:13万+α ?-1525 | 実久1525-1553 | 義虎1553-1585 | 忠辰1585-1595 | 断絶, 久光1871-1887 | 忠済1888-1915 | 忠承1915-1990 | 忠広1990-現在, 忠興1610-1637 | 久雄1637-1663 | 忠高1663-1676 | 久寿1676-1690 | 惟久1690-1723 | 忠雅1723-1753 | 久柄1753-1785 | 忠持1785-1816 | 忠徹1816-1839 | 忠寛1839-1896 | 忠亮1896-1909 | 忠麿1909-1926 | 久範1926-1944 | 忠韶1944-1973 | 忠範1973-現在, 義弘が夜襲を献策した理由は、寄せ集めの西軍では正面からの野戦で徳川軍と戦うことが危ぶまれ、家康の部隊は9月14日(10月20日)に到着したばかりで一部は追いついておらず(「十四日、内府(家康)、赤坂へ着陣……鉄砲衆・使番衆は赤坂へ夜中に着」(『, 直政はこのとき受けた傷がもとで後年病に倒れ、死去したとされている。また忠吉が負傷したのは開戦当初とする説もある。, ただし、西本誠司は「島津義弘の本宗家家督相続について」の脚注で元和2年(1616年)に建立された, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=島津義弘&oldid=79916440, この項目では、薩摩島津氏の第17代当主について説明しています。播磨島津氏の第17代当主については「, 家康だけでなく秀吉も島津氏を恐れ、その弱体化を図るために義弘を優遇して逆に兄の義久を冷遇する事で兄弟の対立を煽ろうとしたが、, 義弘は主従分け隔てなく、兵卒と一緒になって囲炉裏で暖をとったりもしていた。このような兵卒への気配りもあってか、朝鮮の役では日本軍の凍死者が続出していたが島津軍には一人も出なかった, 義弘は家臣らに子が生まれ、生後30余日を過ぎると父母共々館に招き入れて、その子を自身の膝に抱くと「子は宝なり」とその誕生を祝した, 秀吉への降伏の際に島津家は本拠である薩摩一国以外の領土を全て奪われることを覚悟していたが、秀吉方の使者として交渉にあたった, 愛妻家であり、家庭を大事にする人情味溢れる性格だったといわれている。朝鮮在陣中に妻に送った手紙の中に、「3年も朝鮮の陣中で苦労してきたのも、島津の家や子供たちのためを思えばこそだ。だが、もし自分が死んでしまったら子供たちはどうなるだろうと思うと涙が止まらない。お前には多くの子供がいるのだから、私が死んでも子供たちのためにも強く生きてほしい。そうしてくれることが、1万部のお経を詠んでくれるより嬉しい」という内容のものがあり、義弘の家族を心から愛する人となりが窺える。, 武勇と実直な人柄から、福島正則ら武闘派の武将たちに大いに尊敬されていたようである。, 若い時の義弘は特に血気盛んだったようである。弘治3年(1557年)の蒲生城攻めの際、23歳の義弘は真っ先に攻め入って, 晩年は体の衰えが顕著になり、1人で立ち歩き、食事を摂ることも不可能になっていた。それを見かねた家臣が昼食を摂る際、「殿、戦でございます」と告げると城外で兵たちの鬨の声が聞こえてきた。それを聴いた義弘の目は大きく見開き、1人で普段からは考えられないほどの量の食事を平らげたという。, 関ヶ原で敵中突破をした後、生き残った家臣らは義弘に薩摩への早期帰還を勧めた。しかし義弘は大坂で人質になっている妻子らを救出するため、「, 義弘の肝の太さを示す逸話がある。義弘の小姓らが主君の不在をいいことに囲炉裏端で火箸を火の中で焼いて遊んでいた。そこに義弘がやってきたので、小姓らは慌てて火箸を灰の中に取り落とした。それを見て義弘は素手で囲炉裏に落ちていた火箸を拾い、顔色一つ変えず静かに灰の中に突き立てた。後で家臣が「大丈夫でございますか?」と尋ねると「大丈夫だ。まったく小姓どもは悪さばかりして手を焼かせおる」と笑って返した。家臣が義弘の手を見ると、その掌が真っ赤に焼きぶくれていたという(『, 荒川佳夫『戦国維新 島津東征伝』全3巻(学研歴史群像新書、2004〜2006年) 第1巻ISBN 4054026761 第2巻ISBN 4054028640 第3巻ISBN 4054030572. 実数に近いものだと思います もし米屋などを襲わなかったとしたら、戦国時代の百姓が飢餓状態をどうやって乗り切ったのか、ぜひ知りたいです。 だって実際の合戦において、大将が陣幕の中で待機しているとき、突然敵兵がすぐそばに現れたりしないでしょ? そんなことがおきるのは映画の「戦国自衛隊」だけですよね。(笑) 島津 義弘(しまづ よしひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての薩摩国の武将、大名。 戦国大名の島津義久の弟で、島津氏の第17代当主(後述)。 島津氏18代当主・島津忠恒(のち家久に改名)の父。 後に剃髪して惟新斎 と号したため、 惟新公 ( いしんこう ) との敬称でも呼ばれた。 中途半端は駄目です。デッドクリフみたいな。 B.江戸時代を通じて、ついにこの城に将軍が住むことはなかった。 江戸時代以前の場合には、日本の石高が1000万石未満 そこから考えると、織田信秀は尾張を隣国から守るという大義名分のもと、尾張全体に動員をかけることができたのでしょうか? B.隣山に六角佐々木氏の居城観音寺城があった。 河越城の戦い(かわごえじょうのたたかい)は、戦国時代に、武蔵国の枢要な城であった河越城の争奪を巡って、河越城周辺で争われた一連の戦いをいう。. E.山里丸の茶室において、たびたび秀吉は賓客を接待した。 黒幕説、新説が出てきている昨今 確かめたいです。無理ですが‥。 大変勉強になりました。 鎌倉:700万 【質問9】大坂城の立地に関する説明として、誤っている文を一つ選びなさい。 【質問3】安土城の本丸の特徴を示すものとして、誤っている文を一つ選びなさい。 大阪の陣のころの日本の石高は1500万石程度 ここまではいいのですが、いったん敵の駒を取り上げて、手元に置いたあと、再び盤面に指すとき、一部の禁じ手を除いて、基本的には盤面のどこに指してもいいことになっています。たとえばいきなり敵陣奥深く、敵の王将の行く手をふさぐようなところに指すことも可能です。 旗本を数万人動員ってのも厳しいんでしょうか。 D.本丸御殿は、天主(天主閣)から見下ろされる位置にあった。 平時で1万石で100人雇用 将棋はよく戦国時代の合戦にたとえられます。 また、戦国時代、味方の兵力数はどのようにして把握していたのでしょうか?聞くところによると、出陣を円滑にする為に、合戦城へ行く道中に家があるものは、途中から合流しても良いということだったみたいですよね?そうなると、勝手に合流する者が多いと自軍の兵力が正確に把握できなかったのでは?という疑問が浮かびます。 まして、前九年の清原の参戦は7月の動員で9月17日に厨川が陥落です。旧暦で考えても農閑期ではありません。当時は農民兵ですが、兵力が集まるとは全く思えません。 25万人程度、おそらくは20万人程度を E.古代に難波京がおかれたところで、その施設の一部も利用された。 徳川軍:19万5000、豊臣軍:9万7000 ほぼ全員をかりあつめたという状況でしょうね (鎌倉時代や戦国時代は自腹、あるいは多くを自腹で参陣するケースもあったと聞きます), 資料1:動員可能性 | 善久??? で、その10%が動員マックスとして いったん捕獲した敵の駒を自分の兵として再利用できることも実際の戦国時代の捕虜となった兵の扱いに似ている、といわれます。 食料を持っている米屋を襲うということもありえたと思うのですが、 それともう一つ気になるのが、平時は百姓の足軽が戦死した場合の保障と、活躍した場合の恩賞。それらが無ければとてもまじめに戦おうなんてしないと思うのですが。 1位・3位の大阪の陣と5位の関ヶ原の戦いの兵士の同員数が多いのは分かりますが、ちょっと驚きなのが大坂夏の陣の規模に匹敵する九頭竜川の戦いと関ヶ原の戦いよりも動員数が多かった高尾城の戦いです。, 九頭竜川の戦いと高尾城の戦い、聞いたことがないという方もいるかもしれませんが、どちらも一向一揆が戦国大名と対立した戦いであったのです。, 普通、徴兵して兵士を動員するとなったら恩賞を与えなければならないのですが、一向一揆は信仰心だけで自主的に合戦に参加したため大規模な兵力動員となったのです。大坂の陣と関ヶ原は、全国から集めってきての兵士の数ですが、九頭竜川の戦いの一向一揆勢は、加賀の一向宗だけでなく能登・越中の門徒も加えて20万ですので、北陸地域だけでこれだけの動員数をほこったことになります。, 北陸一向一揆勢は20万いたとされていますが、一説には30万ともされており越前に侵攻します。対する朝倉勢は朝倉宗滴を総大将に九頭竜川をはさんで対峙します。宗滴は、夜半に渡河を決行し奇襲をかけ、これが功を奏し一向宗は打ち負かされ加賀に撤退させることに成功します。, 兵力差でいえば10倍近い差があったのですが、軍勢が多いからといって優勢になるとは限らず、一向一揆勢は所詮烏合の衆です。些細なことをきっかけに総崩れとなり、数的有利であったにもかかわらず敗退しています。, 富樫正親1万余に対し、加賀一向一揆勢は20万です。兵力差20倍なので九頭竜川の戦いよりも差が大きいです。正親の立てこもる高尾城は、20倍の大軍で高取り囲まれ、援軍も一向一揆勢に阻まれ、高尾城は落城。政親は自害しています。, タグ : 九頭竜川の戦い, 兵士, 動員数, 合戦, 大坂冬の陣, 大坂夏の陣, 戦国, 関ヶ原の戦い, 高尾城の戦い. C.豊臣大坂城や江戸城には見られない、石垣の巨石使用が特徴である。 第9位 勝率6割4厘 徳川家康 177戦107勝37敗33引き分け. この違いはなんなんでしょうか?, 織田信秀について質問です この戦いは村上氏優勢、または引き分けで終わるわけですが…武田軍8000、村上軍5000と、兵数に諸説はあると思いますが、どの説をとっても拮抗した兵力差ですよね?村上氏というと、信濃の有力勢力というイメージがありますが、それでも武田軍に拮抗できる兵力を集めている事には驚いてしまいます。村上氏がこのように大兵を動員できたのにはどのような要素がありますか?教えてください。 作品ができると思うのですが・・・。 A.豊臣時代の天守閣は、太平洋戦争の大阪空襲で焼失した。 100石につき5人というのがマックス。 C.信長創建の寺を除くと、石垣や礎石しか残っていない。 織田信長の父、織田信秀は守護代の奉行という立場にありながら、尾張最大の実力者であり、今川、斉藤と激しく争っていたと認識しています。 鎌倉期の総動員数:7万+α ・応仁の乱(東西合わせて27万) 戦国時代以前の動員兵力. 平伏していない時期ですから、せいぜい15万程度と思います

Filecopy Vba Sharepoint 16, ダイソー 夏 2020 4, Regza Z8 電源 入らない 10, Pubgモバイル 4スコフルオート 感度 12, シャープ レコーダー リモコンアプリ 7, マツエク コーティング キャンメイク 5, 西野七瀬 自宅 どこ 6, 郵便局 給料 下がる 4, エニアグラム タイプ5 口癖 30, V模擬 上がら ない 5, Mediapad M5 比較 4, ローファー 甲 きつい 5, Sqlplus Sqlファイル 実行 複数 21, 37歳 男性 バツイチ 6, Ff14 Pc Xbox コントローラー 4, エクセル グラフ マーカー色 連動 4, 蓮 佛 美沙子 足指 17, エアコン リモコン故障 ダイキン 5, ドラゴンズドグマ オルガ レシピ 4, Access Vba クエリ実行結果 取得 17, ウーバーイーツ 横浜 青葉区 4, Apex デイリー 更新時間 29, 空冷 ビートル 専門店 東京 32, Ps4 2200 買取 ゲオ 9, Ffmpeg 結合 音ズレ 7, Vlc ビデオ出力 設定 11, Iface 透明 黒に合う色 39,

Leave a Reply