linux 標準出力 捨てる 4

, Report Abuse|Print Page|Powered By Google Sites, このページは出力リダイレクトのサンプル集になります。こちらもあわせてご参照ください。, Linuxの標準出力と標準エラー出力のリダイレクトのサンプルを簡単な説明とともに列挙しました。, 「>」の前にファイルディスクリプタ番号を書く場合に空白を入れると、コマンドの引数の一部と解釈されるのであけてはいけない, よくある間違い。「2>&1」は「標準エラー出力を標準出力にリダイレクトする」のではなく「標準エラー出力を, その後の標準出力を伴うあらゆる操作で「不正なファイル記述子です」のエラーがでまくる, 「不正なファイル記述子です」のエラーがでてclearされない。clearコマンドも。制御文字を標準出力している事が確認できる。ちなみにCtrl+Lによる画面クリアは使える。この事からclearコマンドとCtrl+Lによる画面クリアは仕組みが異なるという事が分かる, (result.txtはコマンド終了とともに閉じられるのであえてクローズする必要はない). google_color_link="000000"; 標準出力だけを捨てれば良いのであれば、次のようにして、標準出力の出力先を、画面から "/dev/null" に切り替えてあげます。 find *.h > /dev/null このようにすることで、コマンド "find *.h" の結果表示を捨てることができました。 google_ad_type="text_image"; google_ad_format="120x90_0ads_al_s"; //-->,

Leave a Reply