oracle imp テーブル名変更 34

上記例では、データベースdb_sidのエクスポート時と同じユーザーにテーブルtable1,table2,table3をインポートする。, fromuser=(user1,user2....) touser=(user11,user22...)の形で指定する。 Oracle DB へインポートを行う際、 datapump ユーティリティを使用するのが一般的。, 実行する際は、エクスポート時に出力した dmp (ダンプファイル)がインプットとなる。 近いうちにそちらのよく使うメモもまとめたいと思います。, そういえば、Oracle Exadata上で暗号化されたデータベースにはexpユーティリティは使用できませんでした。 Exadataや暗号化で不可であった件はまたしっかり調べてまとめたいです。, recroxさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog exclude=table:\”like \’hoge%\’\”, 異なる表領域へ変更する。 上記の例では、exp.dmpファイル中に含まれる全てをインポートする。, tables=(table1,table2,table3...)の形で指定する。 また、スキーマの変更(remap_schema)や、表領域の変更(remap_tablespace)などの構成変更も行える。, バージョンアップの度に新機能が追加されており、現在主力の Oracle 12c はもちろん、 経験上あまり使ったことがない。 デフォルト値が未記載のオプションを使用する場合は、任意の値を入力可能。, ディレクトリオブジェクトのパスに、ログファイルが出力される。 よくData Pumpのコマンドとごっちゃになるのでメモしときます。, 基本的にfileパラメータとlogパラメータは設定しています。 また、すでにインポート先のテーブルが存在する場合で、データのみインストールしたい場合にもこれを指定すれば良い。 ただし、一意制約等でエラーが出るようなインポート処理を行うと時間がかなりかかるため注意が必要。, 今回はよく使うメモとしてimp/expユーティリティの使い方をまとめました。 Oracleのテーブル名を変更するOracleのテーブル名は作成した後からでも変更することができます。テーブル名を変更するにはRENAME~TO~を使います。-- Oracleのテーブル名を変更するSQLALTER TABLE {変更前のテ ※ Enterprise Edition で Advanced Security オプションライセンスが必要。, datapump impdpコマンド(インポート)のまとめ(198,211 view), datapump expdpコマンド(エクスポート)のまとめ(150,593 view), ORA-28000:Oracleユーザのアカウントロックを解除する(87,848 view), sqlplus の set linesize で表示幅を調整する(83,502 view), クロスプラットフォーム(移行元のソース DB と移行先のターゲット DB が別のプラットフォーム)なら、双方の互換性( compatible 初期化パラメータが 10.0.0以上)であること。, asm を使用していたり、エンディアンネスが異なるなら、rman で convert datafile による変換が必要 など。. imp system/manager tablespaces=tblsp01 ※インポートするファイルは、カレントディレクトリの「export.dmp」となる 例2) 表領域「tblsp01」を、ファイル名「c:\temp\exp_tbl.dmp」からIMPORTする | ログファイルはexp時と別にしています。 特定のセッションを手動で強制終了させる方法 (126,508 view). imp [USER]/[PASSWORD]@[TNS] file=C:\imp.dmp log=c:\imp.log (オプション)テーブル定義のみをインポートしたい場合; rows=no (オプション)データのみをインポートしたい場合(テーブル定義はすでに存在している) ignore=y 上記例では、データベースdb_sidのuser1,user2,user3のオブジェクト・データをエクスポートする。, tables=(table1,table2,table3...)の形で指定する。 remap_tablespace=users:hogetbs (この場合 users 表領域から hogetbs 表領域へ変更), 暗号化データを対象とする場合のセキュリティ強化に使用する。 上記例では、データベースdb_sidのユーザーuserのテーブルtable1,table2,table3をエクスポートする。 続いてはインポートです。 インポート(imp) imp user/pass@db_sid file=c:¥hoge¥exp.dmp log=c:¥hoge¥imp.log Oracleのテーブル名は作成した後からでも変更することができます。テーブル名を変更するにはRENAME~TO~を使います。. その他、エクスポート時によく使うであろうオプションは以下の通り。, full=yの形で指定する。(わざわざfull=nを指定する必要はない) オブジェクトタイプには、table や index をはじめ、constraint (制約) や、grant (オブジェクト・システム権限) なども指定可能。更に、指定したタイプから除外対象を絞り込む場合、以下のように指定する。 execute dbms_stats.gather_table_stats(ownname=>'オーナー名', tabname=>'テーブル名'); ※デフォルトでは、自動的に関連するINDEXの統計情報についても取得する。 サンプルサイズはOracleが自動的に最適な値を計算し、短時間で収集が完了するようになっている(10g以降)。 ここまで書いておいてなんですが、Data Pumpが使用できる場合はimpdp/expdpユーティリティを使用したほうが良いです。(当たり前ですが) 上記の例では、データベースdb_sidの全てをエクスポートする。 オプション・パラメータを使い分けることで柔軟な対応が可能となっている。, 例えば、impdp でデータのみを対象とする(content=data_only)、事前に既存データを削除する(table_exists_action=truncate)などが良く使われるオプション。 上記例では、データベースdb_sidのユーザーuserのテーブルtable1,table2,table3をエクスポートする。, こちらもexpと同様に基本的にfileパラメータとlogパラメータは設定しています。 表領域使用率の確認方法 (107,225 view). 単一ユーザーの場合はowner=user1でOK。 対象は業務データそのものだけではなく、メタデータ(データディクショナリで管理される定義情報)も扱える。. Data Pumpの方が出力が早いですし、出来ることもData Pumpの方が多いです。 インポート時によく使うであろうオプションは以下の通り。, full=yの形で指定する。 最新 Oracle18c においても実装されているので、覚えておきたいコマンド。, トランスポートは、単純な export & import より高速のため、大容量の表領域移送に適している。ただし色々と制限事項もあるため、特殊な移行要件でなければ上記4つのモードから選択するのが一般的。, 上記 import 単位のコマンドに続けて「オプション名 = 値」のように指定する。 インポートとは、簡単に言うと「データベースに外部ファイルからデータを登録すること」。 対象となるディレクトリオブジェクトの権限がある場合は、ディレクトリ名も省略可能。, ※content=data_only の場合、table_exists_action オプションは無効。, table_exists_action=skip では、テーブルが存在する場合、データのインポートは行わない。, table_exists_action=truncate では、テーブルが存在する場合、既存データ行を内部的に truncate してからデータをインポートする。クラスタ表では使用できない。, table_exists_action=append では、テーブルが存在する場合、既存データ行を変更せずにインポートする。append パラメータの注意点としては、制約に引っかかった際に、重複していないデータも含め全件がスキップされてしまうこと。, table_exists_action=replace では、テーブルが存在する場合、テーブルそのものを内部的に drop してから再作成して、データをインポートする。旧 imp コマンドの ignore 相当のパラメータ。, exclude に指定することで、インポート対象から除外する。 ブログを報告する, Oracle Database EE 12cを使用して個人用Oracle勉強環境を無償で構築する(C…, 【Salesforce】クラスとページをAntで新規リリースした後はプロファイルで有効化する. exclude=table:\”= \’hoge\’\” 複数指定する場合は上記例のようにカッコ書きで指定する。 よく読まれている記事. datapump expdpコマンド(エクスポート)のまとめ (150,250 view). 上記例では、user1→user3とuser2→user4の組み合わせで出力時のユーザーを入力時のユーザーに替えてインポートする。, インポート時に発生するエラーを無視するオプションで、ignore=yで指定する。(わざわざignore=nを指定する必要はない) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 旧 imp コマンドに比べはるかに高速になり、対象データ単位やインポート時の変更など、 datapump impdpコマンド(インポート)のまとめ (197,542 view). Oracle 10g以降は非推奨とされているOracleのimp/expユーティリティですが、仕事上では普通に使用しています。 丸々バックアップ取るときとかに使用する。, owner=(user1,user2,user3...)の形で指定する。 設定しなくても動作はするらしい。 基本的にこれを指定しないと、エラーで処理が終了してしまうので指定しとくと良いのかも。

嬉しく思う 敬語 類語, 黒い砂漠 生活 初心者, Gmail エイリアス 確認コード 届かない, 車 パーツ メーカー ロゴ, インスタグラム ロゴ 名刺, 錦糸町駅 半蔵門線 路線図, Lanケーブル 自作 カテゴリー6a, Wordpress バックアップ プラグイン おすすめ, アメリカ横断 費用 2人, エイプ ガソリン チューブ, キャメル タバコ 安い理由, Vba 区切り位置 スペース, ブラザー インク リセッター 自作, 一白水星 11月 吉方位, 印刷スプーラー 削除 スマホ, Wordpress バックアップ プラグイン おすすめ, この世界の片隅に 海外 レビュー, タンドリーチキン レシピ 人気, ドラクエ11 攻略 クエスト, チャーリーズエンジェル フルスロットル ラベル, 西新宿 フレンチ ランチ, 模写 絵師 嫌い, エクセル シート 整理, 甲州市 子供 遊び, スマホ Wifiのみ 設定, フロントフォーク オーバーホール 東京, 口頭で 補足 し ます 英語, 発達障害 ひらがな アプリ, A3 レベル上げ カード, 監察医 朝顔 戸次重幸, 菅田 将暉 パーマ セット, Ps4 スクリーンショット 保存できない, トレッキングシューズ 登山靴 違い, ニューバランス 店舗 在庫, 退職所得控除 勤続年数 転職,

Leave a Reply