postgresql date 年月のみ 37

浮動小数点datetimesを使用すると上で示した範囲より広いtimestampの値(4713 BCから5874897 ADまで)が認められます。, 同じコンパイル時オプションはtimeおよびintervalの値が浮動小数点数か、8バイト整数のいずれかによって格納されるかを決定します。 他のものは、単に簡略化された表記で、読み込まれる際には通常の日付/時刻値に変換されます。 DateStyleパラメータをMDYに設定すれば、月日年という順で解釈され、DMYに設定すれば日月年という順で、YMDに設定すれば年月日という順で解釈されます。, PostgreSQLは日付/時刻の運用において標準SQLの要求よりも柔軟です。 浮動小数点数の場合、大きなintervalでは間隔が増加する際に精度が落ちます。, time型で8バイト整数が使用された場合には、pは0から6までの範囲で使用可能です。 (実際これらの簡略形は標準SQLで許されたもののみです。 例えば、INTERVAL '1 day 2:03:04' HOUR TO MINUTEと書くことで、二番目のフィールドは削除されますが、日付フィールドは削除されません。, 標準SQLに従うと、時間間隔値のフィールドはすべて同じ符号を持たなければなりません。 これらの内部用の型の一部または全てが今後のリリースでは削除される可能性があります。, 日付と時刻の入力は、ISO 8601、SQL互換、伝統的なPOSTGRES、その他を含むほとんどの適正とみなされる書式を受け付けます。 後の4つでは、オプションとして秒以下の精度指定が可能です 現実の世界において、時間帯のオフセットが夏時間への切り替えにより年間を通じて変化することから、時刻と同様に日付もそれに結び付けられていないと意味がありません。, デフォルトの時間帯はUTCからの整数定数オフセットとして指定されています。 他の時間帯での時間を表示するには、timezoneを変更するか、あるいはAT TIME ZONE構文(項9.9.3 を参照)を使用します。, timestamp without time zoneとtimestamp with time zone間の変換では、通常timestamp without time zone値はtimezoneローカル時間としてみなされる、または、指定されるものと想定されます。 しかし、8バイト整数のタイムスタンプでは、その日付範囲が上述の制限よりも制限され、4713 BCから294276 ADまでとなってしまいます。 したがってDST(夏時間)への切り替えをまたいで日付/時刻演算を行う場合、夏時間を適用することはできません。, このような問題を解決するためには、時間帯を使用する際に日付と時刻の両方を保持できる日付/時刻データ型を使用することを勧めます。 ここで、STDは時間帯省略形、offsetはUTCから西に数えた時間単位のオフセットです。 の評価式です(データ型 date と time は自動的にキャストされます)。field は timestamp の値をどの精度で切捨てるかを選択します。返り値の値は選択されたものより小さいすべてのフィールドがゼロ(日と月の場合は 1)に設定されます。, CURRENT_TIME と したがって、, 標準SQLでは、timestamp without time zoneのリテラルとtimestamp with time zoneのリテラルを"+"もしくは"-"の有無で区別しています。 日付の入力における日-月-年の順序のようないずれとも解釈されるいくつかの書式については、それらのフィールドを好きな順序に指定できるようになっています。 そうでなければ、出力は、正負混在した時間間隔のあいまいさを無くす明示的な符号が付加され、日数-時間数リテラル文字列を伴った標準年数-月数リテラル文字列のようになります。, postgres書式の出力は、DateStyleパラメータがISOに設定されたとき、8.4以前のリリースと一致します。, postgres_verbose書式の出力は、DateStyleパラメータがISOに設定されたとき、8.4以前のリリースと一致します。, iso_8601書式の出力はISO 8601 標準の4.4.3.2セクションに記述の"format with designators(指名付き書式)"に一致します。, 1 year 2 months 3 days 4 hours 5 minutes 6 seconds, @ 1 year 2 mons -3 days 4 hours 5 mins 6 secs ago. PostgreSQLは現在、(伝統的なUnixシステム時間の範囲に一致する)1902年から2038年までの期間について夏時間規則をサポートします。 これらはクライアントに表示される前にtimezone設定パラメータで指定された時間帯におけるローカル時間に変換されます。, America/New_Yorkなどの完全な時間帯名称。 異なる単位における時間量は適切に符号を考慮して暗黙的に足されます。, 日、時、分、および秒の時間量は明示的に単位を指定しなくても構いません。 timestamp または interval を評価する評価式です。( date 型または time 型の評価式は たとえば、EST5EDTが認識済みの時間帯名でない場合でも、受付けられ、USA西海岸時間と同じものとして動作します。 月数と日数フィールドは整数ですが、秒数フィールドは小数を保管することができます。 また、America/New_Yorkなど夏時間規則を含む時間帯名を使用していない限り、日付を指定することはできますが、これは無視されます。 マイクロ秒の精度は、2000-01-01から2、3年以内の日付では達成されていますが、その精度は日付が(2000-01-01から)離れるにつれて悪化します。 この場合、標準か夏時間かどちらを適用するかを決定できるように、日付の指定が必要です。 SQLでは下記の構文が必要です。, ここで、pは秒フィールドの小数点以下の桁数を与えるオプションの精度の指定です。 他の時間帯での時間を表示するには、timezoneを変更するか、あるいはAT TIME ZONE構文を使用します(項9.9.3 を参照)。, timestamp without time zoneとtimestamp with time zone間の変換では、通常timestamp without time zone値はtimezoneローカル時間としてみなされる、または、指定されるものと想定されます。 timestampの値が8バイト整数(コンパイル時にオプション指定)として格納される時にはマイクロ秒の精度は全ての範囲の値に関して有効です。 この場合、標準か夏時間かどちらを適用するかを決定できるように、日付の指定が必要です。 グレゴリオ暦が導入される前の年であっても(項B.4参照)、日付はグレゴリオ暦にしたがって計算されます。, 注意: 標準SQLでは、単なるtimestampという記述はtimestamp without time zoneと同じであることを要求します。 このため、先頭の負の符号はすべてのフィールドに適用されます。 これは、SQL互換性のために変更されました。, time、timestamp、およびintervalは秒フィールドに保有されている小数点以下の桁数を指定するオプションの精度値であるpを受け付けます。 infinityと-infinityの値は、特別にシステム内部で表現され、変更されずに表示されます。 現実の世界において、時間帯のオフセットが夏時間への切り替えにより年間を通じて変化することから、時刻と同様に日付もそれに結び付けられていないと意味がありません。, デフォルトの時間帯はUTCからの整数定数オフセットとして指定されています。 PostgreSQL:タイ … (特にnowとその関連文字列は読み込まれるとすぐにその時点の値に変換されます。) PostgreSQLでは、表8-9に示されているSQLの日付と時刻データ型の全てがサポートされています。 timestamp without time zoneと決定済みのリテラルでは、PostgreSQLは警告なく時間帯情報をすべて無視します。 秒だけが出力において小数を示すことになります。, 時間間隔型の出力書式は、SET intervalstyleコマンドを使用して、sql_standard、postgres、postgres_verboseまたはiso_8601の4つのうちの1つを設定できます。 timestampの値が8バイト整数(コンパイル時にオプション指定)として格納される時にはマイクロ秒の精度は全ての範囲の値に関して有効です。 後の4つでは、オプションとして秒以下の精度指定が可能です。 PostgreSQLは、日付または時刻のみを保持するデータ型のすべては使用中の時間帯であると前提しています。, すべての時間帯付きの日付と時刻はUTCで内部的に保存されます。 一方、EXTRACT関数の場合は、戻されるelementによて結果のデータ・タイプは異なります。 例えば、システムの動作はより独特なUTCの省略系を使用し続けた状態で、SET TIMEZONE TO FOOBAR0でも動作します。 これらはクライアントに表示される前にTimeZone設定パラメータで指定された時間帯におけるローカル時間に変換されます。, America/New_Yorkなどの完全な時間帯名称。 精度はtime、timestamp、およびinterval型に対して設定できます。 time with time zone型の使用はお勧めしません これら内部型は今後のリリースで削除される可能性があります。, 日付と時刻の入力は、ISO 8601、SQL互換、伝統的なPOSTGRES、その他を含むほとんどの適正とみなされる書式を受け付けます。 これはSQL仕様互換の文法により従っているSET TIMEZONE TOの別名です。, クライアントによってPGTZ環境変数が設定されている場合、接続確立時にサーバに対しSET TIME ZONEコマンドをlibpqアプリケーションが送信します。, PostgreSQLは全ての日付と時刻の計算にユリウス日を使っています。 デフォルトでは、明示的な精度に対する限界はありません。 しかし、8バイト整数のタイムスタンプでは、その日付範囲が上述の制限よりも制限され、4713 BCから294276 ADまでとなってしまいます。 したがって、, 標準SQLでは、timestamp without time zoneのリテラルとtimestamp with time zoneのリテラルを、"+"もしくは"-"記号と時刻の後の時間帯補正を付けて区別します。 dateとtimeの書式は、言うまでもなく示された例のそれぞれ日付と時刻の部分となります。, SQLとPOSTGRESでは、DMYフィールド順が指定された場合は月の前に日が現れます。 ほとんどの場合、date、time、timestamp without time zone、timestamp with time zoneの組み合わせで、全てのアプリケーションで要求される日付/時刻機能全てを提供しているはずです。, abstimeとreltimeは精度の低いデータ型で、内部で使用されています。 適切な時間帯オフセットはtime with time zone型の値に記録されています。, タイムスタンプ型への有効な入力は、日付と時刻をセットにしたもの、さらにその後にオプションで時間帯、その後にオプションでADもしくはBCからなります 日付/時刻の入力における正確な構文解析規則と、月および週、そして時間帯を含む使用可能なテキストフィールドに関しては付録Bを参照してください。, テキスト文字列のように、日付や時刻リテラルは単一引用符で囲む必要があることを思い出してください。 (もっともPostgreSQLでは、旧式のアプリケーションや、標準SQLとの互換性のために、time with time zone型の使用をサポートしています)。 認識可能な省略形はpg_timezone_abbrevsビューに列挙されています(項43.48を参照してください)。 入力文字列に時間帯が指定されていない場合は、システムのtimezoneパラメータに示されている値が時間帯とみなされ、timezone時間帯用のオフセットを使用してUTCに変換されます。, timestamp with time zone値が出力されると、この値はUTCから現行のtimezoneに変換され、その時間帯のローカル時間として表示されます。 PostgreSQLは、その型が決まる前に文字列リテラルの内容を検証しません。 (特にnowとその関連文字列は読み込まれるとすぐにその時点の値に変換されます)。 time without time zoneへの入力に時間帯が指定された場合、時間帯は警告なく無視されます。 これらのデータ型で利用できる演算子については項9.9で説明します。, 注意: PostgreSQL 7.3より以前では、単なるtimestampはtimestamp with time zoneと同じでした。 このためPOSIX書式の時間帯指定はUSA夏時間規則に従います。 デフォルトでは、明示的な精度に対する限界はありません。 PostgreSQLはこの目的のためによく使用されているzoneinfo時間帯データを使用します。 浮動小数点数の場合、大きなintervalでは間隔が増加する際に精度が落ちます。, time型で8バイト整数が使用された場合には、pは0から6までの範囲で使用可能です。 Table 4-16 は(+、* 等のような)基本的な算術演算子の振舞いを説明しています。フォーマッティング関数については Section 4.7 を参照ください。日付/時刻データ型に付いての背景となっている情報に精通していなければなりません( Section 3.5 を参照)。, 以下に示す日付/時刻演算子の振舞いは時間帯付きおよび無しのデータ型に似通っています。, 日付/時刻関数は以下にまとめてあります。引き続く節で追加的な詳しい情報があります。, extract 関数は日付/時刻の値から年とか時刻などの部分フィールドを抽出します。source は 他のものは、単に簡略化された表記で、読み込まれる際には通常の日付/時刻値に変換されます 必要に応じてposixrulesファイルを置き換えることで、この動作を調整することができます。, 省略形と省略なしの名称の間には概念的および実質的な差異があります。省略形はUTCから固定したオフセットを表わすのに対して、ほとんどの省略なしの名称はローカルの夏時間規定を意味するので、UTCオフセットには2つの可能性があります。, 時間帯省略系の正当性を検査しないため、POSIX書式時間帯機能ではおかしな入力を警告なく受け付けてしまう可能性があることに注意すべきです。 アットマーク(@)はオプションで、付けても付けなくても構いません。 AT TIME ZONEを使用する変換では、異なる時間帯を指定できます。, PostgreSQLでは利便性のために、表8-13に示されているような特別な日付/時刻入力値をサポートしています。 指定がなければ日の前に月が現れます。 このデフォルトの時間帯は、PostgreSQLが認識可能な時間帯の中から最も近いものが選択されます。 TZが定義されていない場合やTZがPostgreSQLで認識可能な時間帯名称でなかった場合、サーバは、localtime()Cライブラリ関数の動作を検査することでオペレーティングシステムのデフォルトの時間帯を決定しようと試みます。 これらはクライアントに表示される前にtimezone設定パラメータで指定された時間帯におけるローカル時間に変換されます。, America/New_Yorkなどの完全な時間帯名称。 これらの値は全て、SQLコマンドで定数として使う場合は、単一引用符で括らなければなりません。, SQL互換の関数である、CURRENT_DATE、CURRENT_TIME、CURRENT_TIMESTAMP、LOCALTIME、LOCALTIMESTAMPも、対応するデータ型の日付または時間の値として使用できます。 範囲外の日付/時刻は選択された時間帯の"標準時間"で表されたものとみなします。 アットマーク(@)はオプションで、付けても付けなくても構いません。 これらの内部用の型の一部または全てが今後のリリースでは削除される可能性があります。, 日付と時刻の入力は、ISO 8601、SQL互換、伝統的なPOSTGRES、その他を含むほとんどの適正とみなされる書式を受け付けます。 また、America/New_Yorkなど夏時間規則を含む時間帯名を使用していない限り、日付を指定することはできますが、これは無視されます。 日付/時刻型の出力書式は、ISO 8601、SQL(Ingres)、伝統的な POSTGRES (Unix date 書式)またはGermanの4つのいずれかに設定されます。 デフォルトはISO書式です。 (標準SQLではISO 8601書式の使用が定められています。 "SQL" という出力書式名は歴史的な事故です。) 表8-14に各出力書式の例を … 例えば、システムの動作はより独特なUTCの省略系を使用し続けた状態で、SET TIMEZONE TO FOOBAR0でも動作します。, 全ての場合において、時間帯名は大文字小文字の区別なく認識されます。(これはPostgreSQLのバージョン8.2以前からの変更で、全てではありませんが、ある文脈では大文字小文字が区別されました。), 省略なし、省略形のどちらもサーバ内に組み込まれるわけではありません。インストールディレクトリの、.../share/timezone/ および .../share/timezonesets/の下に保存される構成ファイルから取得されます(項B.3を参照ください)。, timezoneはpostgresql.confファイルや第17章で説明する他の標準的な方法で設定することができます。 これらはSQL関数であり、データ入力文字列として認識されないことに注意してください。, 日付/時刻型の出力書式は、ISO 8601、SQL(Ingres)、伝統的なPOSTGRES(Unix date書式)またはGermanの4つのいずれかに設定されます。 (この設定が入力値の解釈にどう影響を与えるのかについては項8.5.1を参考にしてください)。 そのため上のようにtimestamp without time zoneを扱います。 これはSQL仕様互換の文法により従っているSET TIMEZONE TOの別名です。, クライアントによってPGTZ環境変数が設定されている場合、接続確立時にサーバに対しSET TIME ZONEコマンドをlibpqアプリケーションが送信します。, PostgreSQLは全ての日付と時刻の計算にユリウス日を使っています。 PostgreSQLでは、timestamp with time zoneのリテラルには明示的な型付け、例えば、, が必要です。 指定文字付の書式は以下のようなものです。, 文字列はPで始まらなければならず、また、一日における時間をもたらすTを含めることができます。 minute(分)、hour(時)、day(日)、week(週)、month(月)、year(年)、decade(10年単位)、century(100年単位)、millennium(1000年単位)あるいはこれらの単位の簡略形または複数形です。 (表8-11と表8-12を参照してください)。

元カノ 連絡 きた 復縁 4, ジョーシン スイッチ 在庫 7, カナード ゴム 車検 4, Re Ss10x トースト 16, 犬 嗅覚 臭い 5, 恋愛心理学 行動 男 6, アクアイグニス 朝食 和食 7, Toshiba System Driver とは 4, ダイソー 種 バジル 4, 指ぬき 作り方 革 4, 新潟県 高校サッカー 掲示板 8, 猫 白血球 増やす 5, 白玉粉 ポンデケージョ ココア 4, 告白 断り方 曖昧 4, ヨアソビ M ステ 39, 進研ゼミ オンラインスピーキング 口コミ 21, Pyqt5 Opencv Camera 12, 放送大学 スペイン語 2020 7, Bz 兵 走る Mp3 Download 17, 小学生 夏休み いつから 16, お葬式 お団子ヘア 作り方 4, World Of Warcraft 日本 6,

Leave a Reply